タックスヘイブン税制の適用除外規定

◎適用除外規定に該当すると、合算課税は必要ありません。
◎適用除外規定に該当するとことを毎期申告しなければならない点に留意が必要です。
◎適用除外規定に該当しても、一部合算課税の対象にケースもあります。

■適用除外規定の制度の概要
事業実態の有無の判定に幾つかの基準を設け、除外規定に該当するかどうかを判定します。
具体的には、以下の1~4 の全ての要件を満たせば、適用除外規定に該当することになります。(租税特別措置法66条の6  3項)
1. 事業実態基準2. 施設基準3. 管理支配基準4. 事業遂行基準
                                                        日本法人↓100%
     被統括会社    A  25%                  ← 統括会社→             被統括会社   B 25%
部分適用金額が1000万円以下、又は海外法人の所得金額の5%以下の時は免除 image.jpg